​株式会社飯塚彰事

〒370-1401 群馬県藤岡市鬼石572-1

​電話

FAX

月~金 9:00-17:00 / 土日祝日休み

  • Twitter

© 2017 いいかべ珪藻土の配合工場 株式会社飯塚彰事

​高い安全性100%成分表示

いいかべ珪藻土成分表
  • 珪藻土&十和田石…焼成しない生珪藻土と十和田石

  • 軽量骨材…天然原石軽量骨材

  • 石灰…高品質石灰

  • 色土…天然鉱物の色土

  • その他…食品のり(メチルセルロース)、天然つなぎ材(セルロースファイバー、ナイロン)、光触媒(二酸化チタン)

​告示対象外建材

​シックハウス対策の規制によるF☆☆☆☆などの告知対象建材は、☆の数により、

ホルムアルデヒドの発散量を示していますが、「いいかべ珪藻土」は、告示対象外建材のため、面積の制限を受けることなく内装材として使用できます。

1. 稚内産の生珪藻土

塗り壁材に適する珪藻土の産地は、東北の青森・秋田、大分・そして北海道の稚内の3か所になります。

取り出した状態の生の珪藻土は一般的には不純物が多い為、珪藻土を焼いて不純物を燃やし珪藻土だけを残す必要があります。

一方、稚内産の珪藻土は不純物が少ない為、燃やす(焼成)必要がありません。

そのため、珪藻土のもつ本来の安全性や性能が高いのです。

2. 秋田産の十和田石

環境石材として評価の高い十和田石は、吸放湿性能に加え、ホルムアルデヒドなどの吸着機能、脱臭機能、遠赤外線放射機能、蓄熱効果、防カビ効果など様々の効果のある、石材です。

この十和田石を粉状にしたヒナイグリーンを混ぜる事により、いいかべ珪藻土は高い性能となりました。

3. 石灰 

「いいかべ珪藻土」には、漆喰の主原料でもある、石灰が配合されています。

石灰を配合することで漆喰のもつ硬化の性能も加わります。

栃木産の良質な石灰を採用しています。

4. 食品のり

「いいかべ珪藻土」は、内装壁としての耐久・強度性能を満たす為に、全体量に対して、0.08%程度の食品のりとして使われるメチルセルロースを入れています。

 

メチルセルロースは

アイスクリーム、パン、マヨネーズなどの乳化、安定、保水目的で使われる、食品添加剤です。

珪藻土自体を口にいれるわけではありませんので、工業用のメチルセルロースでも良いのかもしれませんが、安全性および住宅内装材としての耐久性を確保するために、食品にも使われるグレードを選択しました。

焼成珪藻土のメリット・デメリット

不純物の多い生の珪藻土は、焼くことにより珪藻土の純度を上げることができ、かつ真っ白の色となりますが、焼成することにより、大事な性能をもたらす多孔質の穴をふさいでしまったり、また結晶シリカに変わってしまう。という懸念も生じます。

生珪藻土のメリット・デメリット

一般に生の状態の珪藻土は不純物が多いのがデメリットですが、多孔質の穴の性能が高く、かつ非結晶シリカの状態ですので、結晶シリカの発がん性の懸念もありません。

いいかべ珪藻土は、純度の高い稚内産の珪藻土を生で使っています。