亀裂補修

いいかべ珪藻土にリフォームした部屋の壁に亀裂が発生したため補修工事を行いました。原因は珪藻土の部屋に接する洗面所及び浴室リフォーム工事の際、施工業者が珪藻土が塗られた壁を裏側から強く叩いたためでした。横方向に1m弱の亀裂が入ってしまったため、壁一面を塗り直すことになりました。

珪藻土壁亀裂箇所@いいかべ珪藻土ブログ
亀裂箇所
下地を塗ると亀裂がはっきりと見える@いいかべ珪藻土ブログ
下地を塗ると亀裂がはっきりと見えます


補修の手順
  1. 亀裂のある壁の周りを養生。

  2. 下地(ハイフレックスシーラー1000)をローラーで縦横に塗布。端は刷毛を使用し端までしっかり。亀裂部分にはたっぷりと。凹凸がある箇所はヘラで平らにならしておく。

  3. 表面がサラサラになるまで約1時間乾燥。

  4. いいかべ珪藻土を水と混ぜて好みの硬さにする。

  5. 亀裂した箇所にファイバーテープを2枚貼り、その上からいいかべ珪藻土をしっかり塗る

  6. いいかべ珪藻土を上部からコテで壁全面に塗る。端までしっかり。

  7. 塗り終わったらコテを滑らせ仕上げの模様を付ける。

  8. 10分程置いてから、周りの養生を剥がす。

  9. 剥がして浮いたところを鏝で押さえて完了!(準備から撤収まで約3時間)

<補足>

  • いいかべ珪藻土を塗るところからは乾燥を防ぐためにドア、窓は閉めて行います。

  • 塗り終わったら窓とドアを開けて乾かします。1日~2日程度風通しを良くして乾かします。

  • 掃除は乾いてから行うと細かい埃が付かなくて良いです。


補修の流れ

補修の流れを37秒の動画にまとめました。